WordPress
文字数チェッカー

WordPress文字数チェッカーについて

WordPress文字数チェッカーのロゴ画像

WordPress文字数チェッカーは、WordPressの『WP REST API』の機能を利用して、WordPress上で公開されている記事のすべての文字数を取得するツールです。

主にGoogle AdSenseやアフィリエイトを行う上でASPの審査に落ちる場合などの対策の一環として利用することを想定しています。

WP REST APIとは?

『WP REST API』は、WordPressが提供している機能で、WordPress上の特定のURLにアクセスしてWordPressに登録された様々な情報を参照・更新できる仕組みです。

以前は利用するためにはWordPressにインストールを行う必要がありましたが、WordPress4.7からは標準搭載されるようになりました。

当サイトはWordPressのWP REST API経由でデータを取得することで機能提供を実現しています。

セキュリティ対策の一環としてこの機能が無効になっている場合などは、当サイトの機能も利用できないため、WordPressの設定を変更して頂く必要があります。

Google AdSenseやアフィリエイトの審査が通らない理由は文字数?

上でも少し書きましたが、このツールは主にGoogle AdSenseの審査や、アフィリエイトを行う上で必要になるASPの審査に落ちる場合の対策の一環として利用されることを想定しています。

これらの審査に落ちる要因の一つとしてサイト上のコンテンツの文字数の少なさがあげられます。

私自身、普段からサイト運営をしていますが、最近とあるサイトでGoogle AdSenseの審査に落ちました。

Google AdSenseのサイト審査基準には複数の審査項目がありますが、今回落ちた一番の原因は文字数が少ない記事がサイト内に含まれていたからと思われます。

サイトはある程度ページ数が増えていくとコンテンツごとの文字数を把握するのも困難となってきます。

また、WordPressのように複数人が一度にコンテンツを追加できる仕組みを利用している場合、より把握が困難となるでしょう。

このサイトはそのような公開されている記事(コンテンツ)の文字数を一度把握したい、という意図から開発されました。

Google AdSenseの審査に通らない、アフィリエイトを始めたいのにASPの審査が通らない、という方は一度こちらのサイトで記事一覧の文字数を確認して、文字数の少ないコンテンツに対しては加筆対応を行ってみてください。

なお、これはあくまで目安ですが、Google AdSenseで必要になるコンテンツの文字数は最低でも1500文字、ASPに登録するためのブログの文字数については最低でも500文字以上はあったほうが良いと思われます。

(ASPは各社判断基準が異なるため、この数値が上下することをご了承ください)

WordPress文字数チェッカーについて

使い方

ブログ記事一覧

利用規約

プライバシーポリシー

サイト運営費等の回収にご協力いただけると助かります↑

Copyright ©2021 WordPress文字数チェッカー All Rights Reserved.